フォーラム・セミナー

セミナーの受付は終了いたしました。

セミナー・対談

10/30(Wed)

受付は
終了しました

11:30~12:30/無料

BCウッド日本事務所主催セミナー

定員200名

「ストーリーテリングが導くデザイン」

ブレント コマー ブレント コマー オリジナル 代表/デザイナー

ブレント コマーは4世代に渡るバンクーバー、ノース・ショア育ちのデザイナー。この街の100年という歴史は彼の歴史そのもの。温帯雨林が太平洋に面した雄大な海岸線まで続く山並みを見ながら育ったブレントは、西海岸の環境がもたらす自然の形や素材に対し独自の理解をもつようになりました。ブレントは、人々は木に強い結びつきを感じるものだと信じていて、人々が古代から存在するこの素材との結びつきを実感できるような形を創りあげたいと思っています。彼のデザインのルーツは太平洋岸北西部ですが、国際的に評価されています。忙しい現代の生活に、ブレントはシンプルで普遍的な形に自然本来の美しさを取り入れようと励んでいます。

受付は
終了しました

13:30〜14:30/無料

(株)平田タイル主催セミナー

定員200名

「タイルと左官、そして職人の未来について」

白石 普 タイル職人
久住 有生 左官職人
[モデレーター]
平田 幹人 (株)平田タイル 常務取締役
PROFILE

白石 普 タイル職人

1970年、東京都出身。 芸術一家に生まれ育ち幼少より美術、芸術に親しむ。20歳のときに1年間イタリア・ギリシャ各地を歴遊、ローマ遺跡やビザンチン建築に興味を持ちタイル職人となる。のちイスラムの幾何学モザイクに魅せられモロッコ・フェズのモザイク工房で2年間修行、モスク建設などに携わる。空間をふまえたタイルをデザインし、制作、施工のすべてを行う異能のタイル職人としてタイル業界にその名を轟かせている。『タイル施工例コンペティション2014』一般来場者賞 / 『第12回西洋美術振興財団賞』文化振興賞。

久住 有生 左官職人

1972年、兵庫県淡路島生まれ。祖父の代から続く左官の家に生まれ、3歳で初めて鏝(こて)を握る。高校3年生の夏、スペインにてアントニ・ガウディの建築を目の当たりにし、その存在感に圧倒され開眼、18歳からさまざまな親方の許で、本格的な修行を始める。1995年、23歳の時に独立し「久住有生左官」を設立。重要文化財などの歴史的価値の高い建築物の修復ができる左官職人として、国内だけにとどまらず、海外も含めた伝統建築物の修復・復元作業、商業施設や教育関連施設、個人邸の内装や外装を手がける。企画段階からデザイン提案なども積極的に行っており、伝統的な左官技術とオリジナティ溢れるアイデアが、今日国内外で大きな評価を得ている。

平田 幹人 (株)平田タイル 常務取締役

1994年株式会社平田タイルに入社。タイル文化の魅力を伝えるオリジナルタイルブランド、Hi-CeramicsやBISCUIT、sunclayの商品企画や営業などマネジメントに携わり、2015年には洗面ボウルなど水まわり製品を扱うAQUAPiAを立ち上げ、現在は常務取締役としてそれぞれのブランドを管掌する。世界各地より特に意匠面で優れたセラミック製品に注目し、ユニークな企業として日本の建築・タイル文化に貢献すべく活動している。

受付は
終了しました

15:30〜16:30/¥1,000

セミナー

定員200名

「すべてはファッションに通ず」

日比野 正雄 プロデューサー

1950年 兵庫県生まれ
1973年 株式会社ワールド入社
1999年~常務執行役員として、ブランド設立・マーケティング・店舗開発を担当
2009年 株式会社ノーウェア 「A BATHING APE」 代表取締役
2010年 株式会社クロスインターナショナル 「THOM BROWNE」 取締役専務
株式会社ウィゴー 専務取締役、ラッシュ株式会社「キルフェボン」顧問を歴任

ファッションアパレルから食までのブランディングを経験。

10/31(Thu)

受付は
終了しました

11:30〜12:30/無料

コバヤシ産業(株)主催セミナー

定員200名

「~革新的エコロジー素材~防水性・耐久性・耐光性など」

ロリス カサルボーニ CEO兼取締役会長

1962年イタリア・リミニ生まれ。船舶、陶器、デザインなどの世界での経験を経て、2008年に研究者・クリエイティブとして弟のユーロ氏とともにオルトレマテリア社を創業。
「ウェルネスをもたらす表面」とは、素材の品質改良と人間のウェルビーイングを追及した研究から生まれた、一般的な化学物質と比較して環境への影響を軽減した新素材ECOMALTE®およびOLEOMALTE®。広い床面や壁面に適し、セメントやエポキシ樹脂を含まない水性の単一成分に、自然由来のひまわり油や石英、石材、大理石、ガラス瓶、電球、レンガ、陶器などのリサイクル材料を使用して製造されている。最高レベルの認証を受けた最高品質の仕上がりは、世界的に内装や住宅・店舗建設業界でトップレベルのプロジェクトに使用されている。

受付は
終了しました

13:30〜14:30/¥1,000

トークセッション

定員200名

「広がるデザインの力」

コシノジュンコ デザイナー
喜多 俊之 デザインプロデューサー

1978年から22年間パリコレクション参加。以降、北京、NY(メトロポリタン美術館)、ベトナム、キューバ、ポーランド、ミャンマー、ロシア、スペインなど世界でショーを開催。国際的な文化交流に力を入れる。オペラ「魔笛」や「蝶々夫人」、ブロードウェイミュージカル「太平洋序曲」(トニー賞ノミネート)、DRUM TAOの舞台衣装、スポーツユニフォーム、花火のデザイン、JOCセカンドエンブレム等を手掛ける他、国内被災地への復興支援活動も行っている。2018年には、大阪府庁舎にてファッションショーを開催。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 文化・教育委員、2025年国際博覧会誘致特使、大阪マラソンアンバサダー、平成29年度文化功労者。毎週日曜17時~TBSラジオ「コシノジュンコMASACA」放送中。

1969年よりイタリアと日本でデザインの制作活動を始める。イタリアやドイツ、日本のメーカーから家具、家電、ロボット、家庭日用品に至るまでのデザインで、多くのヒット製品を生む。作品の多くがニューヨーク近代美術館など世界の多くのミュージアムに永久収蔵されている。日本各地の伝統工芸・地場産業の活性化、およびクリエイティブ・プロデューサーとして多方面で活躍する。国際見本市「Living & Design」ディレクター。暮らしのリノベーション「RENOVETTA プロジェクト」を提唱。大阪芸術大学教授。2010年、上海万博において日本産業館をプロデュース。2016年、イタリア「黄金コンパス賞」の国際審査員を務める。イタリア「黄金コンパス賞(国際功労賞)」、「知財功労賞」など受賞。2017年「イタリア共和国功労勲章コンメンダントーレ」叙勲。
著書:「デザインの力」、「地場産業+デザイン」、「デザインの探険」など。

受付は
終了しました

15:30〜17:00/¥1,000

セミナー

定員200名

「スケールを横断していく 『建築から都市へ』」

遠藤 克彦 建築家/遠藤克彦建築研究所 代表

1970年 横浜市に生まれる。92年 武蔵工業大学(現 東京都市大学)工学部建築学科卒。95年 東京大学大学院 工学系研究科 建築学専攻修士課程修了。97年 東京にて遠藤建築研究所設立(07年に株式会社 遠藤克彦建築研究所に変更)。17年 大阪オフィス開設。19年 大子町オフィス開設。主な受賞に「大阪新美術館公募型設計競技」最優秀(17年)。新美術館の呼称は18年に「大阪中之島美術館」と決定)、「茨城県大子町新庁舎建築設計業務公募型プロポーザル 最優秀」(18年)、「第15回公共建築賞 優秀賞(豊田市自然観察の森ネイチャーセンター) 」(16年)など受賞多数。主な作品に「株式会社ユーキャン代々木 ANNEX」(10年)、「La Cienega West」(11年)、「幼保連携型認定こども園 保見ヶ丘幼稚園」(16年)、「長者丸VIEWTERRACE」(17年)などがある。

11/01(Fri)

受付は
終了しました

11:30〜12:30/¥1,000

セミナー

定員200名

「家具は空間を創る」

小泉 誠 家具デザイナー

1960年東京生まれ。木工技術を習得した後、デザイナー原兆英と原成光に師事。1990年Koizumi Studio設立。2003年にデザインを伝える場として「こいずみ道具店」を開設。建築から箸置きまで生活に関わる全てのデザインを手がけ、現在は日本全国のものづくりの現場を駆け回り地域との恊働を続けている。2015年には「一般社団法人わざわ座」を立ち上げ、手仕事の復権を目指す活動を開始。
2005年より武蔵野美術大学空間演出デザイン学科教授。2012年毎日デザイン賞受賞。2015年日本クラフト展大賞。2018年JIDデザインアワード大賞。

受付は
終了しました

13:30〜14:30/¥1,000

セミナー

定員200名

「風景をつくる」

大江 一夫 建築家

1948年 神戸市生まれ
1980年 マニエラ建築設計事務所 設立
1996年 大阪建築コンクール大阪府知事賞受賞 (猪名川の家)
2002年 American Wood Design Awards 2002 (たすきの家)
2005年 日本建築家協会優秀建築選 2005 他多数(LIESON HOUSE 他)
2009年 KYOTO DESIGN AWARD 2009 入選 (森と暮らす家)
    中国建築大賞 2009 優秀賞(FLAT)
2010年 建築人賞 2010 (小樽のある家)
2011年 サスティナブル住宅賞受賞(GREEN HOUSE)
2012年 日本建築学会作品選奨 2012 (LIFE IN FOREST HOUSE)
2014年 日事連建築賞 2014 優秀賞 (深谷山荘)
      他多数

受付は
終了しました

15:30〜16:30/無料

セミナー

定員200名

「都市空間における庭師のシゴト」

辰己 耕造 グリーンスペース代表
辰己 二朗 グリーンスペース代表

兄:辰己耕造(庭プロデューサー・1976年生まれ)、弟:二朗(庭師・1979年生まれ)造園を生業とする家に生まれ、2015年から父がつくった会社である(株)グリーンスペースの代表に。主に個人邸や店舗の庭をつくること、そして作った庭をお手入れすることを中心に活動。その他にも「たくさんの方に庭に触れていただきたい、植物に興味を持っていただきたい」という思いから、庭に関する講演・苔玉づくりなどのワークショップ・古庭園案内ツアー・トークイベント・室内空間でのインスターレーションなど、庭や緑に関する様々な活動を行う。