開催概要

Outline

開催概要

“テクノロジーが創り出す次世代のリアルデザイン”

目覚ましいテクノロジーの発展の中、一歩先を見つめてインスピレーションを受け、進化を続けるデザイン。と同時に人々の心は自然、伝統といった原点への回帰へと進むことでしょう。次世代のリアルデザインとは?今年のLIVING & DESIGNは、テクノロジーによる革新とその応用により創り出される未来を予測しつつ、人の暮らしを真に豊かにするデザインを追求します。

『住まいと暮らしのリノベーション』をテーマに2009年からスタートした住空間の国際見本市『LIVING & DESIGN』は、見本市という場を通して、感性の高い暮らしを提案することにより、住環境産業ビジネスの拡大の実現を図ってきました。その結果、人々の生活、ライフスタイルや環境に対する関心を高め、業界のビジネスを促進し、産業の活性化と内需拡大に繋げる国際見本市として多くの方々から高い評価を頂き、住環境で大きく遅れをとった日本の次なる経済の中核的役割を担っています『LIVING & DESIGN 2016』は、見本市会場から住空間の最新情報を発信しながら暮らし方をデザインし、様々な関係機関との連携を図りつつ、出展者×出展者、出展者×来場者の繋がりや商談を核に、エンドユーザーに対しても住空間への考え方のリノベーションを促進するという独自のスタイルを確立しています。同時に、環境問題や自然にも視点を向け、日本人が築いてきた独自の生活様式や伝統、技術を、新しい発想と手法で現代のライフスタイルに融合させ伝えながら、これからの暮らしを提唱し、人々への真の意味での豊かな暮らしの訴求と、住空間、リノベーション、インテリア産業の着実な拡大を図り、大きな経済効果へと繋げていきます。

名称 LIVING & DESIGN 2016
主催 LIVING & DESIGN 実行委員会
特別協力 アジア太平洋トレードセンター株式会社
(大阪市住之江区南港北2-1-10)
後援(予定) 経済産業省
国土交通省
大阪府
大阪市
大阪商工会議所
(一社)関西経済同友会
(一財)対日 貿易投資交流促進協会(ミプロ)
(独法)日本貿易振興機構(ジェトロ)大阪本部
中小機構 近畿
(公社)インテリア産業協会
(一社)関西住宅産業協会
(一財)生活用品振興センター
(一社)全国 住宅産業協会
(一社)総合デザイナー協会
(一財)伝統的工芸品産業振興協会
(公社)日本インダストリアルデザイナー協会
(公社)日本インテリアデザイナー協会
(一社)日本インテリアファブリックス協会
(一社)日本インテリアプランナー協会
(一社)日本オフィス家具協会
(一社)日本家具産業振興会
(一社)日本硝子製品工業会
(一社)日本建材・住宅設備産業協会
(公社)日本建築家協会
(一社)日本建築協会
(公財)日本デザイン振興会
(一社)日本照明工業会
日本チェーンストア協会
(公社)日本通信販売協会
日本百貨店協会
(一社)日本ライティングコーディネート協会
(一社)リノベーション住宅推進協議会
(一財)大阪デザインセンター
USD-O大阪デザイン団体連合
大阪の住まい活性化フォーラム
(公財)大阪市都市型産業振興センター
(公社)大阪府建築士会
(一社)大阪府建築士事務所協会
ATC輸入住宅促進センター
海外出展国大使館・総領事館等を予定
(順不同)
広報連携協力 U-35 Under 35 Architects exhibition 2016
会期 平成28年10月12日(水)~10月14日(金)3日間
会場 大阪南港ATCホール
出展対象 住宅・リノベーション・リフォーム関連、家具、照明、インテリア家電、ホームテキスタイル、インテリアアクセサリー、住宅設備機器、デザイン、インテリア及び建築デザイン、クリエイター、その他
出展料 334,800円(消費税8%込)
通常1小間9㎡(3m×3m)
496,800円(消費税8%込)
造作パッケージ1小間9㎡
見本市開催規模 出展小間数 約150小間(国内海外含む)
展示面積 約4,000㎡
目標来場者数 10,000人
特別企画(予定) フォーラムやセミナー、企画ゾーン、コンペ、インスタレーション等。
来場対象
建築・不動産
デザイン・設計事務所
建設・住宅関連産業
住宅メーカー
建築・店舗内装業
リフォーム業
インテリア・デザイナー
インテリア・コーディネーター
その他
小売・流通
小売店
専門店
百貨店
量販店
通信販売
商社・輸入業者
卸・問屋
その他
サービス業
ホテル
レストラン
飲食店
レジャー施設
公共施設
その他
一般・学生
リノベーションやインテリアに関心の高い方
見本市会場当日入場料 1,000円(招待状持参者、事前登録者は無料)